ツルッとする里芋の煮っころがし

料理
01 /10 2018
どーももじゃもじゃ父さんです。
今回は、里芋の煮っころがしを作りましたので、そのことを記事にします。

里芋って、皮をむく時にぬるぬるになってツルッとして剥きにくいですよね。
最近ではレンジでチンしてツルッと皮をむく方法が推奨されているようですが、それだと火が通ってしまうということで、今回はレンジを使わない方法で皮を剥きました。

簡単なので、火を通したくないときはこの方法で皮をむくといいと思います。

里芋の煮っころがしの作り方

材料
里芋 10個くらい
だし汁 1と1/2カップ
砂糖 おおさじ3
醤油 おおさじ2

作り方
里芋をよく洗い、水を切って軽く干して乾燥させる。
※通常と違うのはここだけです。つい、水洗いをしてそのまま皮剥きに入ってしまいがちですが水分があると、ぬるぬるになってしまいます。そこで水分をなるべく避けることでぬるぬるを抑えることができます。

里芋 水洗い→乾燥


②なるべく水を使わないようにして皮を剥き、一口サイズに切る。
※火のとおりに差が出てしまうので、なるべく大きさを揃える。

③荷崩れを防ぐために面取りをする。(面倒であればしなくても大丈夫。)
※角を取る「角取り」でもよいと思います。

里芋 皮剥き


④切った芋をぬめりがなくなるまで水洗いする。
※ぬめりによる焦げ付きを防止するためです。

⑤芋を鍋に並べ、だし汁入れ、強火で煮る。
※アクが中央部に集まるので丁寧に取り除く。

里芋 アク取り


⑥アクを取り除いたら、火を弱めて砂糖を入れ、4分程度煮る。

⑦醤油をおおさじ1と1/2を加え、落としぶたをして煮る。
※やや沸き立つような火加減にすると、鍋の上層部まで上手く煮えます。

⑧里芋に竹串がスッと通るまで煮たら残りの醤油を入れ、鍋を優しく回し全体に味が行き渡るようにする。そのまま水分がなくなるまで煮たら完成!!

里芋の煮っころがし


仕上がりは、だしが効いていてとても美味しいです。
里芋は水洗いをしてぬめりをとっていますが、十分ねっとりとした粘りがありますので食べ後ごたえがあります。

時短をするなら、里芋の大きさをやや小さくすることでできるかと思います。
その際は、煮る時間を短めにするなどしてくださいね。

まだまだ里芋が美味しい季節ですので、ぜひご賞味ください。
我が家では、子供も大好きです♪
関連記事




コメント

非公開コメント

新年のごあいさつ

こんばんは~!
新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますv-22

私は芋類が好物で、里芋は特に好きです(*^_^*)
お料理は最近はご無沙汰ですが、こちらのブログに遊びに来るとお料理したくなってくるので感謝しています♪

週末はゆっくりできそうなので、里芋の煮っころがしに挑戦したいですv-221

Re: 新年のごあいさつ

ぐりんさん、こんばんわ~、こちらこそ今年もよろしくお願いします。(返事遅くなってスミマセンm(__)m)

今年も趣味の料理は続けていきますよ~、
そのうちに、また、芋料理をアップするかと思うので試してみてくださいね~(^O^)

mojamojachichi

千葉県に在住のちょっともじゃもじゃした三児の父。
最近、お腹が出てきて要注意な所。→がんばって減量中!!
子供を喜ばせるためにちょっとした演出が好き?
今の所は、料理がやや多目です。

1月に子供が産まれて三児となりました。
男の子なので三兄弟ですね・・・、
どうなることやら(゜ロ゜)