天ぷら いかにチャレンジ その他(サツマイモ、ニンジン、玉ねぎ、椎茸、ゴボウ、ピーマン)

料理
12 /31 2017
どーも、もじゃもじゃ父さんです。
先日、天ぷらをあげたので、その時の事を記事にします。
目玉としては、「いか」の天ぷらです。
今回、「いか」はスーパーで売っているボイル済みのものを使いました。

いかの天ぷらは、美味しいのですが揚げる際に油がハネてしまうことが有名です。
ただ、プロ料理人も一度火を通すことで油のハネを抑えているそうでして、ボイル済みのものを使う事で油のハネがなくなるのかの確認もしてみました。

天ぷらの揚げ方

材料
いか(ボイル済み)
サツマイモ
ニンジン
玉ねぎ
椎茸
ゴボウ
蓮根
ピーマン


日清フーズ コツのいらない天ぷら粉(分量は、製品の記載とおり。必要なのは水だけです。)

下ごしらえ
①いか(ボイル済み)
皮と身の間の水分が蒸発して破裂することがあるので皮をむく。

②サツマイモ
よく水洗いをして、斜めに輪切りにする。厚い方が美味しいが揚げるのに時間がかかる。わたしは8mmくらい。そのままだと変色するので食塩水に入れ、少し経ってから水切りをする。食塩の濃度は、ボウルに小さじ1もあれば十分かと。

③ニンジン
水洗い後、皮をむいて短冊切りにする。厚みは4mmくらい。

④玉ねぎ
皮をむいて、輪切りにする。厚みは1cmくらい。爪楊枝でバラバラにならないように固定する。

⑤椎茸
乾拭きをして軸を取り除く。表面に十字に飾り包丁をいれる。(適当です。)

⑥ゴボウ
タワシで白くなるまでガシガシ洗う。ササガキをするか、1回切るごとにゴボウをやや回転させながら輪切りのよういして切る。切ったゴボウは、水にさらしておく。

⑦蓮根
水でよく洗い、皮むいて輪切りにする。厚みは4mmぐらい。酢を少しいれた水にさらしてアク抜きをする。

⑧ピーマン
半分に切って、種とヘタを取り除く。

①~⑧の具材を、キッチンペーパーでサンドイッチして水分を取り除き、衣をつけて180℃で揚げる。(ニンジンは3,4枚を一束にして揚げるといいと思います。)
※油の温度が下がると、カラッと揚がらなくなるのでできるだけ揚げ油の量は多く使用して、一度に揚げる量も少な目にするとカラッと揚がります。

↓下ごしらえの様子
天ぷらの材料 下ごしらえ


↓揚げているときの様子とキッチンペーパー
揚げている様子 キッチンペーパー


↓いかの天ぷら
いかの天ぷら


結果からいいますと、美味しく揚げることができました。一度に投入する量を減らすことでみんなカラッと揚がっていました。
ただ時間かかってしまい、気がついたら2時間ほど揚げっぱなしでした・・・(+_+)
これはなにか対策が必要かもしれませんね。(サツマイモは事前にチンしておこうかな・・・)

そして肝心の「いか」ですが、見事破裂して油がハネました(泣)
残念ながら、ボイルするだけでは対策は十分ではないみたいです・・・。
悔しいので今度は対策を講じてハネることなく揚げてみたいと思います。

みなさんも、年末に天ぷらを食してみてはいかがでしょうか。年末ならば、天ぷらで年越しそばを食べたいですよねー(^ω^)
関連記事




コメント

非公開コメント

mojamojachichi

千葉県に在住のちょっともじゃもじゃした三児の父。
最近、お腹が出てきて要注意な所。→がんばって減量中!!
子供を喜ばせるためにちょっとした演出が好き?
今の所は、料理がやや多目です。

1月に子供が産まれて三児となりました。
男の子なので三兄弟ですね・・・、
どうなることやら(゜ロ゜)