新千歳空港 きくよ食堂 海鮮丼専門店!!

お店の紹介
12 /08 2017
どーも、もじゃもじゃ父さんです。
北海道出張があったので、北海道ネタをもうひとつ紹介します。
前回同様に、新千歳空港なのですが比較的リーズナブルな丼屋さんがありましたので、それを紹介します。


味処 きくよ食堂 新千歳空港店

場所は新千歳空港の3Fにある回転寿司の2個隣の角のお店です。
黄色い看板を目印に目指してください。

きくよ食堂ですが、函館の朝市に本店があり、その支店が新千歳空港にあります。
ここでのおすすめはやはり看板の元祖函館丼 巴(ともえ)でしょう。

早速、巴丼を注文します。同行した他の人たちは、決められたネタの中から3種類を選んで丼おにできるお好み丼(値段は巴丼と同じ)や、いくら丼を注文してました。

ちなみにですが、丼のサイズを「ミニ」にすることもできます。
通常のサイズもなかなか食べごたえがありますので、女性はミニでもちょうどいいかもしれませんね。お値段も若干安くなります。

あと、ちょっと面白いのがうに丼として注文する時だけなんですが、金額が「時価」になります。かなり価格が変動するので量の調整をするのが難しいからかなぁと推測します。
他の丼であれば他のネタがありますのでそちらの割合を多少調整できますからねW

あとはいくらも高騰するとちょっと量が減ってしまうそうです。減る前と減った後を比べたことがないのでわかりかねますが、店内に貼り紙がしてあっていくらの量が減っていますと書いてありました。

話をもとに戻しますと、丼の他にも鮭ハラス焼き、ほっけ焼き、ビールも注文しました。

まず、鮭ハラス焼きですが、皮までパリっと焼かれていて皮が食べれる人は是非皮ごと食べてください。かぶりついたところから脂がじわ~っとひろがって旨味が広がります。
塩の加減もよい感じで(やや濃いめかも)ご飯 or ビールに非常に合います。


そして、本命の巴丼です。
巴ですが、うに・いくら・ほたての三色丼です。

函館丼


きくよ食堂の特徴として、いくら・うに、には既に味付けがされています。
従って、醤油をかける必要がありません。

ほたてには、別に小皿がついてきてそこに醤油をとって付けながら食べる感じになります。
味付けは上品でいい感じですね。ネタをうまくいかしている感じだと思います。
味付けが濃すぎたら台無しですからね。
それにこれなら、子供が醤油をだばだば~っとかけてしまうこともなさそうです(^_^)


みなさんも新千歳空港でご飯を食べるならきくよ食堂にいってみてはいかがでしょうか。
おすすめはやっぱり巴丼です。
(実は、看板メニューの巴丼の情報は、後で調べて知りましたwww)
関連記事




コメント

非公開コメント

mojamojachichi

千葉県に在住のちょっともじゃもじゃした三児の父。
最近、お腹が出てきて要注意な所。→がんばって減量中!!
子供を喜ばせるためにちょっとした演出が好き?
今の所は、料理がやや多目です。

1月に子供が産まれて三児となりました。
男の子なので三兄弟ですね・・・、
どうなることやら(゜ロ゜)