おもしろ水族館 赤ちゃん水族館 中華街で水族館?? ダイオウグソクムシに遭遇!

お得
10 /19 2017
どーも、もじゃもじゃ父です。
先日、横浜元町・中華街にある「おもしろ水族館 赤ちゃん水族館」に行ってきましたのでその紹介をしたいと思います。
お土産コーナーでは、ブログに写真載せていいと許可をいただきましたので、その写真も載せてます。

こちらの水族館なんですが、中華街の中にあります。路地を一本入った突き当たりのビルの3Fにあります。
知らないとまず辿り着けないと思います。何だか怪しそうな雰囲気ですしねw

わたしは、出かける日が雨になってしまうので、どこか雨でも楽しめる場所がないかをネットで探していたら発見しました。

こちらですが、ちょっと入場料金がお高めかもしれません。なんとかならないかなと、クーポンのサイトを探すとなんと400円引きのものを発見しました。ただし、印刷しないとだめなので絶対に忘れないようにしましょう。(期間限定のようですので掲載は控えさせていただきます。)

個人的なわたしのオススメは下の4つです。趣味が出ていますのであまり一般の方にはうけないかもしれませんがそれはご了承くださいw


①モンツキカエルウオ
パンフレットで表紙にのっている魚です。
カラフルで可愛い感じのお魚なんですが、水槽のお掃除をしている頑張り屋さんなんだとか。

よく見てみると水槽の底の砂利をバクバク食べてます。そしてエラの辺りから食べた砂利がブワーっと出て来ます。どうやら汚い砂利を砂利毎食べてキレイにしているみたいです。

恥ずかしがりやでなかなか見れないらしいのですが、この日はご機嫌だったみたいです。

②珊瑚
珊瑚を増やしてます。なんでも株分けをして増やすそうです。
これも、なかなかみれないものではないでしょうか。

③グソクムシ ゾーン
これははずせないですね。必ず見ましょう。
それに、ここではなんと触れるコーナーもあります。触った感触は、プラスチックみたいな感じで、適度な柔らかさを持った固さという不思議な触感です。

名前の由来は具足なので、鎧という感じで納得です。
消毒液もありますので触った後は備え付けのタオルでふいて消毒しておきましょう。

このグソクムシですが、目がかっこいいので視線を合わせるようにして正面から見ましょう。なんだか巨大ロボの雰囲気があります。
あと、変わった泳ぎ方をしますので水槽で要チェックですねwww
子供と「わー」「きゃー」いいながらアテレコして観察すると楽しいですwww

④イヌザメの卵
赤ちゃん水族館の入り口の靴を脱ぐところに何気なく展示されています。
こちらなんですが、後ろからライトで照らされているので卵の中で赤ちゃんが動いているのをみることができます。
孵化までに11ヶ月ほどかかるそうです。個人的にはすごい感動しました。普通の水族館ではなかなかみれないんではないでしょうか。

⑤おまけ お土産屋さんにて
こちらで気に入ったのはダイオウグソクムシのぬいぐるみです。
リアルバージョンとデフォルメバージョンの2種類があって、個人的にはリアルバージョンがグッときました。足の感じとかが細かくて心を揺り動かされました。

↓グレー
ダイオウグソクムシ グレー


そして何故か金と銀バージョンがありますw
↓金&グレー
ダイオウグソクムシ ゴールド&グレー


↓銀
ダイオウグソクムシ シルバー


個人的には、気に入りましたが嫁の顔色をみて断念・・・。それにちょっと強きの料金設定でした。でもそれだけ気合い入れて作ってる感じです。
目がカッコいいんだよな~・・・
五千円はなかなか出せない・・・

最後にですが、水族館の入り口にクイズがあってそれに正解するとくじが引けます。チケットを買った分回せるので4回やったところ、クリアファイルをゲットしました~。外れはなしなのでみなさんも忘れずに。(期間限定だったらごめんなさい(>_<))
↓路地に入る入り口のところで撮影(クリアファイル持ってます。)
おもしろ水族館看板


中華街で水族館?、意外な穴場でした。
大型の生き物はいませんがその代わり沢山の色々な種類のさかな達を「目の前」でみれますので是非行ってみて下さい。

小さい子(110cm未満?)だと、水槽を見れないので抱っこ必須ですので注意してくださいね。お父様よろしくお願いしますwww
関連記事




コメント

非公開コメント

mojamojachichi

千葉県に在住のちょっともじゃもじゃした三児の父。
最近、お腹が出てきて要注意な所。→がんばって減量中!!
子供を喜ばせるためにちょっとした演出が好き?
今の所は、料理がやや多目です。

1月に子供が産まれて三児となりました。
男の子なので三兄弟ですね・・・、
どうなることやら(゜ロ゜)